自分に合った床材を選んでおしゃれで快適な家を作ろう

>

よく耳にする「無垢」のフローリングって?

無垢フローリングの特徴

天然の木でできた一枚板を使った無垢フローリングでは、木の種類を選ぶことができます。
木の暖かみを感じたい場合は空気を多く含んだ針葉樹を、傷付きにくさを重視する場合は広葉樹を選ぶのがよいとされています。
一般的には、針葉樹の方が安価で、広葉樹の方が高価になりやすいようです。
木の種類によって色や木目も変わってくるので、木材の機能と価格、見た目とのバランスがとれたものを選ぶことが大切です。

無垢フローリングは複合フローリングに比べて柔らかく、肌触りや香りも優れています。
傷はつきやすいですが、天然素材のため浅い傷なら水や熱で戻り、深い傷でも削ることで表面を平らにすることができます。
木特有の調湿効果があるのも特徴で、湿度を快適に保ってくれます。

天然素材故のデメリット

無垢フローリングは天然素材ですので、複合フローリングに比べて汚れがつきやすく、小まめなお手入れが必要になります。
特に水に弱いため、液体をこぼした場合は早急に拭く必要があります。
ワックスがけが必要なのも特徴です。

また、貴重な木材の場合は値段が張る上、天然の木は反りや収縮が起こりやすく、施工に技術が必要です。
このことから、無垢フローリングは総費用が高額になりやすいようです。
加えて、施工した後も温度や湿度で反りや収縮が起こるため、床にふくらみや隙間ができることもあります。

天然の木目は非常に味がありますが、人工のものと比べて統一感がないため、場所によって色や模様が大きく異なることもあります。
お部屋の色を統一したい場合には、木目や色をしっかりと選ぶ必要があります。


この記事をシェアする