自分に合った床材を選んでおしゃれで快適な家を作ろう

お部屋の雰囲気をリフォームで変えたい!床材選びのコツ

間取りや壁紙だけじゃない!床材選びが大切なワケ

フローリングの中でも、特に使いやすく、手入れも楽なのが「複合フローリング」です。 複合フローリングは小さい板を合わせたものの上にシートを貼りあわせたもので、比較的安価で安定した床材です。 複合フローリングの特徴について、詳しく見ていきましょう。

よく耳にする「無垢」のフローリングって?

無垢フローリングとは、天然の木を使って作られたフローリングのことです。 複合フローリングが表面しか木が使われていないのに対し、無垢フローリングは1枚の板で作られています。 「無垢」という種類の木が使われている訳ではないので、様々な木から選ぶことができます。

フローリングだけじゃない!いろんな床材

床材で一番メジャーなのはフローリングですが、フローリング以外にも様々な床材が存在します。 リビングはもちろん、水回りで使いやすい床材もあります。 理想のお家のために、他の床材も知っておきましょう。 以外な床材がマイホームにマッチするかもしれません。

どんなお部屋にも合いやすい複合フローリング

リフォームをする際、お部屋の雰囲気を変えるには床材を変えることがおすすめです。
リフォームと聞くと壁を取り払って一部屋を広くしたり、天井を高くしたり、壁の色や材質を変えることの方が強く思い浮かぶかもしれませんが、お部屋の一面を占める床は部屋の雰囲気に大きく影響しています。
床材を変えることでお部屋がぐっとおしゃれになるのです。

たとえば、床の色を淡くすることで人は広がりを感じるようになります。
つまり、淡い色の床材を選ぶだけで、視覚的にお部屋を広くすることができるのです。
逆に、横の広がりでなく縦に広がりを持たせ、天井を高く見せるためには下に濃い色を持ってきて、その他を白い色にするといいとされています。

なんとなくお部屋のインテリアがまとまらない…というときは、床の色と家具の色を統一することで、すっきりとしたモデルルームのようにお部屋が完成することもあります。

また、床材にはそれぞれ吸湿性や温かさ、手入れのしやすさなど、異なった特徴があります。
お部屋の機能や生活スタイル、好みによって使い分けることが大切です。

床材で最もメジャーなのがフローリングですが、同じフローリングでもさまざまな色や材質があります。
加えて、床材にはフローリング以外にもたくさんの種類があります。
最適な床材を選択するためには、どのような床材があるのか知っておくことが大切です。

このサイトでは、床材の種類と特徴について詳しくご説明します。